宅地建物取引業、不動産業に関するコンサルタント、宅地建物取引業者免許証番号;愛知県知事(2)第22842号

不動産

『相続対策』ご心配はありませんか?

いざという時に相続を円滑に進めるためには、必要な手続きを期限までに行わなければならず、初めて経験する人にとっては戸惑うことも多くあります。
相続税の課税強化がスタートし、相続税の非課税枠が縮小されることで、課税対象の世帯が倍増するとみられています。しかし、小規模宅地等の特例を利用して相続税申告をきちんとすれば課税されないケースも多くあります。
小規模宅地の特例は「第二の基礎控除」とも言われる重要な制度です。
また、財産のひとつでもある土地の評価額算出に用いる路線価の上昇も相続税額に大きく影響を与えます。
専門家にいま始めるべき相続対策について相談されてはいかがでしょうか?
 
 

代表的な3つの相続対策


 

 

迷ったら専門家に相談

取るべき対策は個々の事例によって千差万別で、特に不動産などの資産については適用条件なども非常に複雑です。
要件を満たせていなかったり、対策が逆効果であれば困るのは相続人の人たちです。
対策に迷ったり自信が無い場合は、税理士や弁護士など専門家に相談することをおすすめいたします。
 

 
 

PAGETOP
Copyright © MEISHIN corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.